かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

スライス

英語版の話題ー。


「IF YOU DON'T, I'LL CHOP YOU INTO TINY SLICES!」





こちらは、22話のカンナの台詞、


「出さぬとハサミでちょん切るぞ」


ですねー。こないだの続きです。

では細かく見て行きましょう。

まず、「IF YOU DON'T」、まずカンマで区切られているので、そこで区切れてるのは見ればわかりますね。で、先頭は「IF」なので、「もし〜なら」、主語は「YOU」、この前の文と同じで、魔女の種を指しているのでしょう。んで「DON'T」で区切れています。

「DO」は代動詞とも呼ばれるので、前の文と同じものを指していると思われます。「NOT」がついているので、「それをしなければ」ということでしょう。

んで「I」は「私」、そして「WILL」、動詞は「CHOP」で「切る」、「○○ INTO ××」で「○○を××にする」、何をかっちゅーと「YOU」、「TINY」は「小さな」、「SLICE」は、そう、「スライス」つまり、「断片」とか「一切れ」とかの切られてできた一欠片のことですね。そしてそれが複数形です。


ちゅーわけで直訳すると「もしおまえがそれをしないのならば、私はお前を細切れに切り刻むぞ」ってあたりですかねー。


なんかこう、なんか微妙に違いますね。

あってるような気もするし、何か違うような気がするし。

「出さぬ」→「それをしない」という変化は、まあ合ってるような気もしますが、そもそも前の文で「芽を出せ」が「牙を剥け」に変わってますから、「出さぬ」→「牙を剥かない」という風に変わっていることになります。

んで、「ハサミでちょん切る」→「細切れに切り刻む」となっています。まあ、「ハサミでちょん切る」って言うと、何となく、真っ二つぐらいにしそうな感じですが、「切り刻んで薄いスライスにする」っていうと、細切れに沢山に分かれそうです。

まあ似た感じにも思えますが、英語は割と数を気にする言語なので、結構変わってるんじゃないでしょうか?

んで、何で変わったかっちゅーと……、ここの台詞の背景かなあ?

前にも書きましたけど、この「ハサミで切る」ってのは、多分、童謡の「てるてる坊主」に由来する表現だと思うのですよ。

とすれば、当然ながら、その童謡っちゅーか、てるてる坊主自体が多分向こうには無いでしょうから、それに由来した表現をそのまま訳しても意味が通じないと思われます。

んだから、もうちょい単純な脅迫の台詞に変えたとかそんな感じなんじゃあないでしょうか?

この英語の台詞自体が、何かの歌詞に由来するものだったら面白いなーと思ってはいるんですが、簡単に調べた感じではよくわかりませんでした。
スポンサーサイト

コメント

タイトルを見てスライス秋山の話題だと思った人は何人いるだろう…少なくとも、ここに1人。

  • 2015/02/19(木) 03:04:11 |
  • URL |
  • イノヨコウ #1Sembxyo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/1085-d8572c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad