かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

うちわが涼しいことを知った夏

今日はあちこち行ってきたのですよー。

まずコミケ行って、きらら企画本とか買ってきてー、

2014/08/16 コミケで買ったもの

んで、横浜みなとみらいに移動、

『ピカチュウ大量発生チュウ!』の催しを覗きつつ配信ピカチュウを受け取ったりして、

2014/08/16 「ピカチュウまつりだ! せいや!せいや!」


んで、『トランスフォーマー博』に突撃ー。

2014/08/16 トランスフォーマー博 購入品とか


あと、まんがタイムきららミラク

2014/08/16 まんがタイムきららミラク10月号


いやー、なかなかの強行スケジュールだったぜー。

今日買ったものー。リンクはAmazon。






コミックマーケットの企画本とか


毎年、コレを買いにコミケに行ってます。

きらら企画本の今年のコンセプトは、アイドルと政治ですよ。なんかこう書くとすげえアレだけど、中身的には安心のきらら4コマですた。

ところで、毎年、表紙裏表紙に描かれるキャラの選択基準が、ちょっと気になるんですよね。

まず、アニメ化したやつこれから予定されてる作品のキャラがいるのは分かる。んで、絵を描いた作家さんの作品のキャラがしれっと並んでるのも分かる。

んでも、なんでこのキャラを(テラ失礼)みたいなのがチラホラと。いや、別に悪いとか言ってるんじゃなくて、純粋に気になるだけなんですってば。

こう、「実は押してるんですこの作品」とか「絵を描いた人の自由選択枠がある」とか、どういう理由と経緯で選ばれたのやら、好奇心ちゅーかね。個人的には後者の理由だったらステキだと思うんだけど。

てゆーか芳文社のブースは、この企画本以外はみんな売り切れてたしなー。いや、個人的には並ばずに企画本買えて嬉しい限りなんだけど、若干心配になる。


あと、竹書房の企画本も買ったよー。まあ、片方は福本作品のアンソロジーだから4コマあんまり関係なさそうだけど、最近竹書房の4コマ誌に出張ゲストしててさー。表紙のSDキャラのデザインをしてるのはニトロプラスのゆーぽん氏ってあたりは、気になるかもねー。



ピカチュウ大量発生チュウ!



今、横浜のみなとみらい全域で展開されてる催しですねー。

桜木町駅降りたら、町全体がピカチュウ一色ですげえ。

てかさ、ピカチュウの気ぐるみあるじゃん、人が入るやつ。テレビとかで見たこと無い? あれって実物を間近で見るとちょっとインパクトあるなあ。


個人的には、後述の「トランスフォーマー博」がメインの目的で、たまたま近くでこれやってたから覗いてみたって感じの、オマケなんですよー。

2014/08/16 配信ピカチュウその1
2014/08/16 配信ピカチュウその2

ええ、オマケの寄り道です(配信ピカチュウ全5種コンプ)。

うん、これが地味にしんどかった。コミケとTF博だけならそう大変でもなかったんですけど、「あ、これコンプできんじゃん」と思ってしまったのが……ね。

ちょいちょい、見つけづらいのがあってねー、コレ( http://www.pokemon.co.jp/ex/pthc/news/0725_present/ )が配信場所一覧なんだけど、「付近」て何だよwwwもうちょっと具体的に書けよwww

そんなわけで、場所探しにかなりヒートアップしました。いや、リアルで街を探索して、目的のアイテムを手に入れるって、結構楽しかったなー、と、なんだか本末転倒な気もするがさておき。


あ、あと印象深かったのは、意外に子供連れでない人が多かったことかなー? いや、自分もだけど。

もちろん、子供は沢山いたんだけど、そうでもない人らが結構いてね。意外と場違い感が無く行動できたもんでさー。


あとね、配信してる場所で、XとYのカートリッジ3×2=6本をフルに入れ替えながら、ピカチュウを受け取ってた人が隣にいてさー。ってか、あの3DSカードケースは、もっと沢山入るやつだから、下手すればさらに2倍3倍の本数があった可能性が……。廃人ってスゲエ。


トランスフォーマー博



トランスフォーマー30周年記念の催しですな。8/9~から8/17の間、パシフィコ横浜で行われています。

実物大モデルやら、歴史紹介やら色々あって、見ごたえのある催しでした。

ちなみに、同じくパシフィコ横浜ってか隣の展示スペースで、8/16と8/17に、「ピカチュウまつりだ! せいや!せいや!」なるイベントが行われているので、すげえ人数を集客してるのを見ながら入場することになるので、どんな顔をすればいいかわからなくなります。

え、俺? もちろん「ピカチュウまつり」に寄って配信ピカチュウ貰いましたよ。


それはさておき、なんつーか、甘く見てたよ。「まあ、1時間もあれば、大体見終わって帰るかなー」的な見積もりで行ったのですよ。

うん、アレはすげえ。とりあえず、過去の商品大量に展示してるのを見るだけで、半日は時間つぶせるわ。もちろん何週も見て回る計算だけど。ってか、何週も見たい。

歴史以外だと、まあ映画公開もあるし、実写版ベースの展示なのよ。実物大のオプティマスプライムとかバンブルビーとか。いやあ、あのサイズは圧巻というか、こう、「目の前にモノがある」ってのが燃えるのよ。映画の映像もすごいのはわかるんだけど、そうじゃなくて、目の前にリアルにあるってのが。

ジオラマ展示もなかなか、と言うか、都市の瓦礫のジオラマの中に置かれているTFを探せ的な展示になってるから、じっくり探したくなるよなー。というか全部見つけてコンプ癖を満たしたい。いや、他の客もいるから、思い切って集中しづらいってのもあるけどね。時間が欲しいねー。

あ、そうそう、プロジェクションマッピングとやらってすげーなー。なんかさー、動かないはずの、大きめの、実物大ってほどじゃないけど人間よりは大きいサイズのフィギュア(?)にさー、映像を投影して、なんか生物的な動きというか鼓動を感じさせるようになっててさー、なかなか面白かった。


っていうか、気ぐるみのオプティマスプライム(実写版)が、歩いてるの見るとびっくりするよな。いや、気ぐるみっちゅーと語弊あるけど。

普通の人間よりも頭二つ分ぐらい大きくて(後から調べたら2m60cmぐらい)、リアル志向な造形のオプティマスプライムが会場内をゆっくり歩いててさー、テーマパークの人形的なノリなんだろうが、造形が造形なだけに、妙な存在感を放っててね。

っていうか、アレ、人間入ってるんだよね? 2m60cmの人型の構造の中に、人間が入って体を動かすって、若干想像しにくいっちゅーか? いや、さすがに中身が機械だったら逆にすげえけど。とはいえしかし、どうやって動かしてるんだろう。



あ、あと、今度出る、メガザラックのあのデカいアクションフィギュアが結構印象に残ってるなー。いやあ、ぶっちゃけ、TF商品のメガザラックってフォートレスマキシマスと並べちゃうと小さいし? ライバル関係なのにだよ。それが、フォートレスマキシマスと並ぶサイズになったうえ、関節がしっかり現代基準で可動するとなると、かなりの迫力だったなあ。いやあ、家にあるフォートレスマキシマスと並べたくなるわ。んだが置き場所がぐぬぬ。


そんなわけで、かなりテンション上がったので、物販を沢山買っちゃうのは仕方のないことなのだ。うん。

……いや、実際のところ、書籍関係は元々買うつもりだったけど、この物販で買えるって知ったから、今日まとめて買っただけなんだけどね。

ちゅーわけで、勢いで買っちゃったのは、「TF30周年記念 歴代司令官コレクション LC-01コンボイ」なのだ。

いやー、そのー、俺あんまりっちゅーかほぼ、フィギュアとか買わないのよね。主に置き場所的な問題で。部屋はマンガであふれ返ってるし。トランスフォーマーファンとか言いつつ、実際のTF賞品はあんまり買わなくいあたりアレなのは自覚してるんですがさておき。

んでも買っちゃった。

うん。TF博だもんね、テンション上がって後先考えずに買っちゃうのは仕方ないよね。

ってかこの商品地味に謎だな。商品名見る限り「会場限定」とは書いてないのよ。ってか会場限定品はとっくに売り切れてるし。んでも、商品展開の予定には無いらしいとかなんとか。うーむ。しっかりスタッフの人に聞いとくんだったなあ。

「TF30周年記念 歴代司令官コレクション」って銘打つなら、是非全作品の総司令官をコンプしてほしいところっちゅーか、このサイズのフォートレスマキシマスとかゴッドジンライとか出して欲しいなー。んでも、今回出てたやつって過去商品のパッケージや仕様変更っぽいので、若干厳しそうかなあ?


そうそう、あとね、あとね、TF博とは直接関係無いんだけど、買った本の「トランスフォーマージェネレーション2014 VOL.2」のさー、冒頭のマンガの、秀太とゴーシューターの関係がたぎるっちゅーか。先行販売っぽいから具体的には書かないけど、設定的には有り得るな上に、色んなストーリーが作れそうな美味しい関係だよオイ。



まあそれはさておき、若干心残りは、写真撮影可だったし、沢山撮っときたかったかなあ。

いやねえ、手持ちの携帯がね、電池がやばくてあんまり使いたくないのよ。んだから、撮影可って分かったあとに対応できなくてさあ。……と思ったんだが、よくよく考えたら3DSに写真撮影機能あるんだよねえ。


まんがタイムきららミラク 10月号



「幸腹グラフィティ」が製作シャフトな上に新房監督……だと……?

表紙イラスト見て、この子意外と胸大きいなーそんなイメージ無かったなーとか思いつつ目に入った「総監督 新房昭之 シリーズ構成 岡田麿里 アニメーション制作 シャフト」の文字……!!

おおお、まさかのシャフトだよ。うめてんてー絡みしかやらないと勝手に思ってたよ。

新房監督が「"食モノ"がやりたい」とか答えてるよ。なるほどなあ、それなら「幸腹グラフィティ」は候補に十分入るよなあ。

シャフトの「"食モノ"」かあ。どんなんなるんだろう?



あと、とりあえず今月印象深かったネタはアレだなー、「青春過剰Sisters」のフランソワと、「城下町のダンデライオン」の国民の空気読みスキルだなー。



……なんつーか、出かけたー、って話の後に、普通に発売日だから買ってきたマンガの感想ってのもアレだなーとは思いつつ。まあ今日買ったから今日買いとくんじゃい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/967-63693955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad