かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

伏線

2014/08/05 最近買ったもの

最近買ったものー。リンクはAmazon。



いつものようにテケトーに感想。




「まんがタイムきららキャラット 2014年 09月号」

いやあ「セカイ魔王」が熱いね!! いっつも言ってる気がするけど。

いや、だってもう、クライマックスな上にページ数が来月16ページとかもうね。さらに今回でタイトルの意味も出てくるわ。盛り上がるっちゅーねん。

「まんがライフSTORIA Vol.7」

二郎系ラーメンをすするクール系美少女が表紙なのを見ると、えもいわれぬ気持ちになってきます。

いや、表紙が可愛い女の子なのは大正義ではありますが、お前かよwww、と。

なんつーか、これ見てるとおかしくておかしくてもう。絵はガチで可愛いのに、この子のキャラ考えると、表紙飾ってるのがシュールでシュールで。

ちゃうねん、毎号この連載結構楽しみにしてんねん。単行本発売っての差し引いても、この作品が表紙飾るのは十分理解できるねん。

でもお前かよwww、と。

色気とか、愛想振りまくとか、そんなんじゃなく、ただラーメン食べてるだけ。しかも二郎系。美少女が。

可愛いねん。確かに可愛いねん。んでも、いわゆる萌え系のマンガ雑誌の表紙とは何かどっか違うような、不思議な感じがするねん。何だろこの気持ち。うまく説明できんこの感情。

「青春過剰Sisters 1巻」

まんがタイムきららミラクで連載中の作品ですね。作者は、ぼるぴっか氏。アンソロとかに時折参加してるのを除けば、これが初単行本っぽいですね。

ちなみに、この連載の前は「ラブリストリズナー」ってのを連載してましたよね。……い、いや、俺はアレも好きだったよ。


そういえば、この間のまどか☆マギカアンソロジーにも参加してましたね。作風的にぶっ飛んだ話になるかと思いきや意外と綺麗に終わったのが印象的でした(オイ)。

ってかアンソロの感想書いたとき思いっきり名前間違えててさー。それだけならまだしも、その感想がアキバblogさんに補足されてて、思いっきり間違ったまま引用されてて、めっさ恥ずかしい事態になってるんだがさておき。


まあともかく「青春過剰Sisters」の話。

社二、大二、高二、中二、小二の5人姉妹が送る、日常コメディ4コマなのですよ。

そう、ジャンル的には日常コメディなはずなのですよ。

なのに、「なんというミスリード!?」「ここに伏線があったじゃねーか、やられた」「何……だと……!?」とかそんな感想ばっかり抱く俺。

いや、ホント、マジであれはやられたわ。普通に、草食系の優男をイメージしてたからさあ、登場したシーンで、めっさびびってさあ。ていうかホントなんで、日常コメディのはずなのに、あそこまで頑張ってミスリードしてるんだ(笑)。

ちゅーか、単行本になってまとめて読み返してみたら、ちょっと前に気付けそうな箇所が用意されてたし。アレはマジでやられたわあ。気付かなくてめっさ悔しいってばよ(笑)。

あと、単行本のラストに明かされたあの設定。いや、そんな大げさな話じゃないっつーか、日常コメディの範疇の設定だけどさー。あの設定すげえ面白いじゃん、作品的に考えて。

普通に最初からその設定をメインにしてもおかしくなさそうなのに、それを、1巻分ずっと隠したままで、ラストに明かすってのがもうたまんないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/959-ee1eba40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad