かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

実現性が高い(高いとは言っていない)

今日の英語版の話題はこちら。


「NOBODY COULD HOPE TO EXPLAIN IT.」





こちらは16話の立花さんの台詞、


「説明することはできない」


ですね。

では細かく見ていきましょう。

まず「NOBODY」。これはアレですね「誰もいない」って意味ですね……って言うとややこしいですけど名詞ですな。誰もいない状態を指している名詞です。「存在しない状態」が主語っていうなんか説明し辛いアレです。「誰もいない状態」が「〜する」ってな感じで英語で書くと、日本語では「誰も〜しない」って意味になるやつです。英語だとまあまあ見かける表現ですな。

「COULD」は「CAN」の過去形ですが、状況的に考えて過去の話とは考えづらいので仮定を示すやつですかね?

んで「HOPE TO 〜」が「〜することを望む」、「EXPLAIN 〜」が「〜を説明する」、「IT」が「それ」、ですね。


ちゅーわけで直訳すると、「誰もそれを説明することは望めないだろう」ですな。


……変ですねこの日本語。

望むぐらい誰がやってもいいじゃん?

ちゅーわけでもっと調べてみました。


とまあ、ざっと調べたところ「HOPE」はかなり「実現性の高い望み」を指すようです。実現性が高いことを差すので仮定形が使えないほどとか。

つまり、「誰も、それを説明することを、実現性の高いレベルの望みを持つことはできない」→「誰も説明できない」っていう表現と思われます。



ぶっちゃけ、日本語的に考えると、かなりややこしい表現だよねコレ。

英語圏の人はこの表現がすっと理解できるんですかねえ。

英語と日本語の概念の解釈方法の違いなんかを実感した次第であります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/941-59d18cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad