かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

スカーレットブルーム!!

2014/07/01 最近買ったもの1
2014/07/01 最近買ったもの2

最近買ったあれやこれや(リンクはAMAZON)



てきとーに感想。


……溜め込むんじゃ無かった。




「ようこそ! オーロラ百貨店」

師走冬子先生の新作ですな。

いや、なんかねー、どっかでゲストで載ってた時に見かけたキャラの名字が気になってたのですよキリヤマン。

まあ、Wikipedia見たら普通に書いてあったし。とはいえそれに出てたって書いてあっても、覚えが無いので探したいところ。

「まんがタイムきららミラク」

「幸腹グラフィティ」アニメ化だと!?

……話題にするにはめっちゃ出遅れたなあ。

まあ、ぶっちゃけ最近すげえプッシュしてたもんなあ。納得です。

「まんがタイムきららキャラット」

いやあ、今月の「Aチャンネル」よかったわあ。るんちゃんがさあ、ああいう風に感情を前面に出すってのが新鮮でさあ。不思議ちゃんだから何考えてるのか計り兼ねるところがあるんだけど、ああいう面を見るとほっとするというか。

あと「セカイ魔王」だよ、やべえよクライマックスだよ。つかミナさんつええよオイ……。

「コミック電撃だいおうじ」

今月は異識先生の「ゲーメスト」に注目っていうか、ネタが濃すぎてビビる。

いや、「あっちこっち」でもその片鱗はあったけどさ、片鱗にとどめてあったネタが全開でね、もうね。

「まんがライフMOMO」

おおお、「ちとせげっちゅ」終わってもうた。長かったもんなあ。

つーか目に見えて絵柄が変わって行ったような。まあ、さすがにこれ以上続けるのは無理なのかねえ……。

「Free!」

「すずね☆マギカ」のGAN先生のまんがタイムきららMAX連載作品ですよ。連載開始時期から考えて紹介が逆だと思うがさておき。

「すずね☆マギカ」とは打って変わって、平和な日常4コマですよ。絶望に疲れたらこっちもいいと思うのですよ。

まとめて読んだら、GAN先生ってゲーム好きなんだなあ、とか割とどうでもよさげなことを思いつつ。

「Free!」と「すずね☆マギカ」を通してみても特に被ってるキャラは見当たらないし、カラーページでのキャラ毎の色分けの仕方なんかもあるし、キャラの描き分けが見事だと思うのですよ。

あと、店舗特典のカラーの描き下ろしイラストが総じてエロい。いえ決して特典狙いで買ったわけでは(ry。

つーか、「きららフォワード」→「すずね☆マギカ」2巻→「Free!」とコンボを決めるために「すずね☆マギカ」の発売が延期されたんじゃないかと思ってるんだが(ry。

「城下町のダンデライオン」

こちらはきららミラクの連載作品ですな。

いやあ、改めてまとめて読んだらおもしろいわこれ。世界観が独特というかさあ。

現代日本に準じる文明水準で。王政が敷かれてて。でも王族の人達は普通の住宅街に住んでいて。まあもちろん一般人よりはでかい家なんだけど。んでもって、子供たちの中から王様を選ぶ選挙があるとか。異能の力を持ってるとか。しかし、王族と言っても、庶民から隔絶されているわけではなく、普通の学校に通い、普通に友達を作っていて。身分を隠しているとかいうわけではなく、大衆には顔が知られていて、敬意を持たれたり、注目を浴びたりすることあり。んでも、友達は普通に接してくれていたり。でも、王様である以上、絶対的な権力があって……云々、と。

もちろん、個々の要素だけを抜き出せば、そう突拍子もないってほどでも無いけれど、この組み合わせと、基本的に平和で穏やかな雰囲気が、面白い世界観になっているなあ、と。

毎回毎回、色んな面からこの世界を描いているのが楽しいなあ、って思うのですよ。

まあ、王様一家は11人家族9人兄弟なもんだから、読んでて「誰だったっけこの子?」みたいなのは時折あるんだけどさ。だからと言って減らすべきとは思わないのですよ。

この作品の肝は、王族の面々が、周囲からどのように扱われているか、ってあたりの世界観にあるんじゃないかなー、と思ったわけでしてね。

そう考えるならば、家族とはいえそれぞれ状況や性格や立場が異なるキャラがいて、それぞれのキャラのそれぞれの立場に応じた、様々な角度から描いていけるのだから、11人もの人数は、むしろアドバンテージなんじゃないかと思うのですよ。それだけ、世界の描き方のバリエーションになるのだと思うのですよ。

それに登場時に一瞬戸惑うことはあっても、読んでくうちに思い出せるようにはなってるし。この人数にしたのは、意図的なのか計算づくなのか、ってあたりも気になる所であります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/935-79e002c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad