かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

今日は皆さんにちょっと殺し合いをしてもらいます

英語版の話題ー。


「GO ON. SEND THOSE GIRLS TO THEIR DEATHS...」





これは14話の里美の台詞、


「あの子達と殺し合いなさい」


ですね。

では細かく見ていきましょう。

まず「GO ON」。これ自体は「進む」「続ける」という意味ですけど、それだとちょっと意味が通りません。んですので調べてみると、「さあ」という掛け声っぽい意味があったので、それでしょう(参考:Weblio英和辞典)。

んで次。「SEND」は動詞の「送る」ですね。主語が無くいきなり動詞ですので命令形でしょう。んで、何を送るのかっちゅーと「THOSE GIRLS」→「あの少女達」、どこにかっちゅーと「TO THEIR DEATHS」で「彼女達の死へ」。

……またしてもよく分からない文になったので、ググります。

つーわけで、「send a person to his death」で「人を死においやる」という意味がありました(参考:Weblio英和辞典)。


つまり、直訳すると「さあ、あの子たちを殺しなさい」というわけですね。


ちょっと調べた感じでは、どうやら「殺し合う」という意味はなさそうですね。一方的に「殺す」「死なせる」という感じです。

誤訳と言うよりは、ちょっと意図的にニュアンスを変えた感がありますね。なんとなくだけど。

元の日本語の文では、「殺し合う」と言ってるくらいですから、かずみを含めたマレフィカファルス全員を片付ける意味合いが強いと思います。ですけど、英文では「殺す」となっているので、かずみ自身は生かしたまま彼女の手で1号から12号までを片付けさせるという意味合いになっているっぽいです。

自分で説明してて何だけど、かなり微妙な話ですな。

いや、この違いって、結果を見ると大差無いので、同じっちゃ同じような気もするけど、結構印象が変わるような気もするわけで。うまく説明できんけど。

まあそんな話。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/926-92d1937e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad