かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

TArt

2014/06/12 「魔法少女たると☆マギカ The Legend of “Jeanne d' Arc (1)」「魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (5)」

「魔法少女すずね☆マギカ」は残念ながら発売延期になってしまいましたが、 「魔法少女たると☆マギカ The Legend of “Jeanne d' Arc (1)」「魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (5)」でーす。


魔法少女たると☆マギカ The Legend of “Jeanne d' Arc魔法少女たると☆マギカ The Legend of “Jeanne d' Arc
(2014/06/12)
原案:Magica Quartet、漫画:枡狐/蛙空 他

商品詳細を見る

魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2014/06/12)
原案:Magica Quartet、漫画:アンソロジー(蒼樹うめ 他) 他

商品詳細を見る


ネタバレ注意かなー。




いやー、よくよく考えてみたらアンソロすっごい久々よね。4巻は2012/11/12だもん。ようやく表紙5人揃ったんだなあ。

去年の劇場版の時は無かったもんなあ。

なんつーかね、冒頭のイラストでデビほむがいることに、妙に時間の流れを感じてしまったよ。叛逆の物語ネタもふんだんに使われてるしね。

あと参加してる面々にも、割と最近きららで見かけるようになった人もそれなりにいるし(きらら脳)。

個人的には、浪咲ゆかさんのと、ぽるぴっかさんのがお気に入り。



そして、ついに1巻が出た「たると☆マギカ」。

みっちみちに詰まってるぅ。

いや、カバーの折り返しに目次があるって初めて見たよ。

あと巻末の背景解説とか字が小さくてびっしり書いてあるってばよ。


ちゅーかそうなんだよな。結構やってる気がしてたけど、まだまだ序盤なんだよなー。

主人公陣営はあと2人いるけど、たるととはまだ出会ってないんだよな。

てゆーか、とらのあな特典によれば、2巻でもまだあんまり出番無さそうとか。

あ、そうそう、とらのあな特典は例によって4Pリーフレットだけど、たるととリズの得意な魔法が書いてたりとか、しれっと重要っぽい情報が載ってるあたり本当にね、もうね。かずみの時も最強だったとらのあな特典ですけど、たるともかなり重要っぽい感じです。

てゆーかあの悪そうな仮面の魔法少女さん、カラーで見ると、上半身の露出がすげえですハイ。


さて、雑誌掲載時にも思ったんですけど、「たると☆マギカ」は、インキュベーターが人類の歴史にどう干渉してきたか、を描いてるところがポイントなんじゃないかなー、と思うのですよ。

本家で奴らが語ったように、魔法少女は人類の発展にも寄与することもあったわけで、間接的に人類の歴史にインキュベーターが干渉していたわけです。ですけど、これまでの作品群だと口頭で説明してるだけで具体的な描写は無かったわけです。

そこんとこにスポットが当たる「たると☆マギカ」は、なかなか他には無い切り口なんじゃないかなーってわけですね。

どーにも、たるとの思考を契約まで誘導したっぽく見えるしなあ。


あと、インキュベーターと話しているところを、それが見えない普通の人に見られて変に思われる、っていう、割とベタネタだけど、マギカシリーズじゃ意外に見ないネタがあるのも、個人的にはポイント高いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/922-63046c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad