かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

アテンション

単行本派の人は、いっそ発売日前に最新話まで追いついてみるのもオツなもんじゃなかろうか。



すずね☆マギカネタバレ注意。






今日のテーマは奏ハルカさんー。

「すずね☆マギカ」のメインの5人の魔法少女で一人であり、アリサたち四人のまとめ役を担っている少女です。実生活でも生徒会に所属し自ら率先して行動するなど、リーダーシップに満ち溢れた人物であるようです。

しかし、その外面とは裏腹に、彼女以上に優秀な姉に対し常々劣等感を抱いていた様子。

5話では、それが魔法少女の契約のきっかけとなったことが明かされます。


てゆーか、契約時の願いが黒い黒い黒い黒い。フォワード掲載分からいきなりアクセル全開でもう。



さてしかし、ここで気になるのは魔法少女の仕様の一つ「願いの内容が得意な魔法に影響する」ってところですね。

あえて説明するまでもないでしょう。本家外伝を問わず、この設定は随所に現れます。



当然ハルカの得意な魔法も、彼女の願いに影響しているはず。

とすると、何かを消しそうな魔法を使いそうな気がしますね。ですけど、それらしいシーンは見当たりません。


彼女の特徴的な魔法と言えば、VSスズネ戦で見せた「アテンション」「リリース」ぐらいですよね。どっちも、何かを消しそうには思えません。


んじゃあ、明かされてない能力が他にある?


逆に考えるんだ、その魔法の方が、彼女の願いの本質を示しているんだと。


ちゅーわけで、彼女が本当に望んだのは「注目」なんじゃないかなー、と。


「注目」って漢字に「アテンション」ってルビ振ってたし?

いや、それだけじゃ無いんだけど。


4話5話では、彼女が姉に対し、強い劣等感を抱いていることが描かれ、それをきっかけに彼女は魔法少女の道を選んだことが示されます。

回想シーンの主眼は、彼女がどうして契約したかに置かれていました。



ここでは、その「劣等感」そのものを掘り下げて注目したいのです。

彼女の劣等感自体がどこからやってきたものなのか、を考えたいのです。

例えば、自分が一番になりたいから優秀な人間が邪魔だとか、どれだけ労力を費やしても無駄になるからだとか、などなど。


ちゅーわけで、彼女にとっては「自分に注目して欲しい」ってのが一番重要だったんじゃないかなー、というわけですね。

4話には「誰も私に期待していないんだ」という台詞もありますし、5話には自分に向けられていた愛情に気付けなかったことに後悔している様子もあります。

色んなところでリーダーを買って出ているのも、もしかしたら、自分に注目してほしいからなのかもしれません。



彼女の本質は「自分に注目して欲しい」であり、それの最大の障害が姉だったのではないかと思うのです。


それを何とかしようという願いなのですから、表面的には物理的にどうにかするようなものに見えて、実際は「注目」させる魔法、という幻惑系の魔法になったのではないかと思うのです。



そういうふうに考えてみると、彼女の願いそのものはある程度叶ったようにも思えます。

しかし、それで満足したのかと言えば、そうではないのでしょう。

4話では、周りに見せている姿と、自分の実像との乖離に悩むような場面が見受けられます。


彼女の潔癖さによるものなのか、それとも「本当の自分を見て欲しい」的な話なのか、彼女の苦悩は終わりません。


マギカシリーズなわけですし、単純に願いを叶えてはい終わりと行かないのが、なんともやるせないところです。





……ま、ぶっちゃけ、この解釈だと説明しづらい台詞とかいくつかありますけどね。

自分ではいいセン行ってるような気はしたんだけど、はてさて。
スポンサーサイト

コメント

自分の願いを激しく後悔しているから杏子みたいに固有魔法が使えないのかも

  • 2014/04/23(水) 00:43:22 |
  • URL |
  • イノヨコウ #1Sembxyo
  • [ 編集 ]

姉を消す願いで魅了とか
魔女化したとき眼とかミラーボールとかあるから
自分を見てほしいでいいと思うけど

  • 2014/05/01(木) 22:05:26 |
  • URL |
  • 十拳剣 #LgG/Usl6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/883-1c9835a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad