かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

秘伝のレシピ2

今日の英語版の話題はこちら。


「KYAAAA! THE RICE IS ALMOST SEE-THROUGH!!」





これは、3巻カバー裏のスライス秋山の台詞、


「キャー お米さんもうスケスケ♥」


ですね。


では細かく見ていきましょう。

まず「KYAAAA」は、まあ「キャー」ですな。これまでも何度か紹介してきたと思いますが、「キャー」のところは大体そのまま「KYAAAA」になっています。辞書には載ってないようですが日本語の音でもそのまま通じるようですね。

んで、「RICE」は「ライス」ですね。まあ「お米」です。ここで気をつけたいのは英語で「RICE」と言った場合、生米も調理済みの米も指すことでしょうか。カタカナで「ライス」と言った場合、日本語的には「ご飯」と同じ、つまり炊いた状態のものを指しますが、英語で「RICE」と言った場合は生米の可能性があります。

日本では米は重要な食べ物なので、細かく言葉を使い分けていますが、英語圏ではそうでは無いので大雑把に「RICE」でまとめられてしまうようですね。逆に「麦」や「小麦」なんかは日本語では一括りで表現しがちですが、英語だと細かく使い分けがあるそうで。

まあそれはさておき、続いて「ALMOST」が「ほとんど」、そして「SEE-THROUGH」は「通してみる」「シースルーの服」などですね。(参考:goo辞書Weblio英和辞書


ちゅーわけで直訳すると「キャー! お米がほとんどシースルー!!」って感じですかね。


ここのポイントはアレですね。「SEE-THROUGH」ですな。

単純に「透けて見える」って意味もあるようですけど、服に対して言う「シースルー」って意味もあるわけです。

「スケスケ」と日本語で言う場合、言外に服が透けているという意味を持たせることが多いですね。と考えると、単純に「透けている」という意味で訳したというよりは、「透けている服」という意味合いを持たせてこの単語を選んだのでしょう。

あ、あと良い子は「SEE-THROUGH」で画像検索してはいけません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/877-e67df734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad