かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

今日の英語版の話題はこちら。



「KAZUMI, WHERE ARE YOUR EARRINGS?」






これは、12話回想内のサキさんの台詞、



「カズミ ピアスが」



ですね。


では細かく見ていきましょう。

意味ですが、まあ文自体は簡単ですね。「WHERE」を初めて習うときの例文として出てきてもおかしくないレベルです。

「EARRING」があんまり見かけないぐらいですかね? とは言え発音が分かれば意味は想像つきます。「イヤリング」「耳飾り」です。(参考:goo辞書Weblio英和辞書



ちゅーわけで直訳すると「カズミ、キミのイヤリングはどこだ?」ですね。



ポイントその1。「どこだ?」という表現。

元の日本語の文では、言葉が省略されまくってるので、まあ、ぶっちゃけ文だけだと意味通じないよね。コマの絵と合わせて読んで初めて、ピアスを無くしたことを指しているとわかるわけです。

別に口語として不自然ではないですし、マンガなんだから絵で分かるようになっていれば問題はないでしょう。

ですが、英語版では、補足するかのように表現が足されていますね。日本語だとおそらく「ピアスが無い」という文になると思われますが、英語では「ピアスはどこだ?」という形で表現されています。

例によって理由はわからないんですけど。

英語は省略しない言語ってわけでも無いですしねー。やっぱ、翻訳者のセンスとかそのあたりなのでしょうか?




ポイントその2。「EARRINGS」と複数形になっていることー。

英語は単数複数を気にする言語なんで、ここも気をつけたいところ。イヤリングを複数……というか両耳の二つ分無くしたってわけですねー。

日本語の表現だと片方無くしたのか両方無くしたのか判然としませんけど、英語版では両方無くしたと解釈してるようです。まあ、直後のコマでセットでプレゼントされてますしね。




ポイントその3。「ピアス」→「イヤリング」。

これ重要なのですよ。当ブログ的には。いや、どうでもいいっちゃどうでもいいんだけど。


いや、さあ、当ブログでは初期の頃、かずみのピアスを「イヤリング」って表記してたのよねえ。例えばこの記事(→「かずみの左側のイヤリング(11話ネタバレあり)」)とか。

んでさー、この12話で「ピアス」って表記されていたから、当ブログでも「ピアス」って表記するように変えたのですよ。例えばコレ(→「かずみピアスを確認してみる(12話ネタバレあり)」)とか。

そしたら、英語版では「EARRING」つまり「イヤリング」になってるじゃーん、と。


ちゅーわけで、改めて調べてみたところ、どうやら「ピアス」は和製英語らしいっすね。(参考:Wikipedia:イヤリングWikipedia:ピアス

いや、「ピアス」って英単語自体はあるのですよ。「pierce」。これは「穴を開ける」意味で、英語としてはアクセサリーを指す言葉じゃないみたいですね。

日本語では耳に穴を開けて装着するかどうかで「ピアス」と「イヤリング」を使い分けますが、英語ではどちらも「EARRING」のようですね。


まあ、そんなことを今更知ったのでしたハイ。当ブログとしてはちょっとした思い出でしたから、ええ、まあ、ハイ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/875-3de45f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad