かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

KILLって単語はよく見かける気がする

今日の英語版の話題はこちら。


「I'M...」「...NOT GOING TO BE THE ONE TO KILL KAZUMI!」





これは13話のサキさんの台詞、


「私が…」「かずみを殺すものか」


ですね。


では細かく見ていきましょう。

まず、「I'M NOT GOING TO 〜」は未来のことを示す表現ですね。「NOT」で否定形になっているので「私は〜することはない」というわけですね。

んで、何をしないのかというと、「BE 〜」つまり「〜になる」つもりが無いということ。

そして何になるのかというと「THE ONE」=「人、もの」に、そしてそこに「TO KILL KAZUNI」が係っています。


直訳すると、「私は、かずみを殺すものになる事はない!」というわけですね。


ここで注目したいのはまず「be going to」による未来形ですね。未来を表す表現には「will」もありますが、「be going to」はそれよりも意味が強いみたいですね。おそらくはサキさんの確固たる意志からこちらの表現になったのでしょう。

そして「殺すものか」→「殺すものになる事はない」という表現ですね。意味的には変わらないですけど、ちょっと変わった表現をしてますね。理由は例によってわかりません。

いやあ、「殺すものか」→「殺さない」→「I'M NOT GOING TO KILL」とかでも良さそうな気はしますよね。んですけど、途中にわざわざ「TO BE THE ONE」をはさんでいるわけですよ。わざわざ回りくどい表現にしているくらいだし、きっと、意味を強める表現なんだよ。多分。

……やっぱ、細かいニュアンスとかわからないと難しいなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/864-52e8ea2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad