かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

みんなー

今日の英語版の話題はこちら。


「YOU SHOULD ALL JUST DIE!」





これは10話回想内の後ろの方にあった、



「ミンナ シンジャエバイインダヨ」



ですね。



では意味を見ていきましょう。

まず「YOU」は説明の必要はないですかね。場面的にはプレイアデスを指していると思われるので複数形「あなたたち」ですね。

んで、「SHOULD」は「~すべき」で、ちょっと飛ばして後ろに「DIE」があるので「死ぬべき」ということでしょう。


「ALL」と「JUST」はそれを形容しているのですけど「全て」と「丁度」だとちょっとしっくりこないっすね。

辞書を引いてみますと、「ALL」には「~だけ」という意味もあるようです。(参考:goo辞書)。

「JUST」には命令文でつかうことで「ちょっとやってみてよ」的なニュアンスにする用法があるようです。(参考:goo辞書)。



つまり「あなたたち、ちょっと死んでみたらいいんじゃないかな」って感じ?


まあ、元の文のニュアンスに近いイメージの言葉なんじゃないかなー?



で、今回注目したいのは「YOU」、すなわち「あなたたち」ですね。

元の日本語では「ミンナ」なので直訳すると「THEY」とかになりそうなのですが、そうではなく「YOU」が選ばれています。


二人称、なのですよ。ということは一人称に相当する何かがいる → 何者かが彼女達に語りかけている、ということなのですよ。



日本語で「みんな」と言うときは、そこに自分が含まれる場合と、含まれない場合があります。

今回の箇所では、何者かが聖団に向かって「死んじゃえ」と言っていることも考えられますが、聖団が自暴自棄になって「自分も含めて」「みんな死んじゃえ」という解釈も可能です。


ですが英語では、前者として解釈して訳されていますね。

何者かが語りかけている台詞になっています。そうするとその「何者か」が気になる……まあ魔女か。


こういう解釈の幅みたいなのは、さすがに正確には訳せないよなーとか思うわけで、こういうところに言語の表現力の違いってのがあるんだなーとかなんとか思ったりした次第です。
スポンサーサイト

コメント

わたしも最初その言葉を見た時、後の聖団のものかと思いましたが、後で芸術家のように古代の海の言葉とも取れるな~と思いました。

  • 2014/03/01(土) 02:37:40 |
  • URL |
  • イノヨコウ #1Sembxyo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/845-dcc50386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad