かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

無気力系主人公みたいな?

今日の英語版の話題はこちら。



「OH, FOR PITY'S SAKE!」






これは、6話ラストの立花さんの台詞、



「やれやれ」



ですね。


さて、意味を見ていきますと、「PITY」が「哀れみ」「同情」で、「SAKE」が「動機」「目的」です。



「OH」は感嘆詞で特に意味の無い言葉なので一旦無視すると、つまり「同情の目的のために」となるわけで……、よくわからないっすね。

とりあえず「やれやれ」って感じではないですかね?


ちゅーわけで、慣用句として調べてみると、見つかりました。



とりあえず、その中から状況的に合いそうなのを選ぶと「お情けですから」ですかね?


和英辞典で「やれやれ」を引いてみると、いくつかの単語が出てきますし、英語にはピッタリの単語が無いのでしょう。

なので、直訳ではなく、それぞれの状況に合わせて適宜それらしい台詞を当てているものと思われます。


もとの「やれやれ」は、かずみの頼みを受けての「やれやれ」ですから、「お情けだぞ」と置き換えたとしても意味は通りますね。


しかしまあ「やれやれ」はかずみ☆マギカに限らずそれなりに使用頻度の高い日本語でしょうし、出るたびにそれらしい単語に置き換えるのは手間がかかりそうですね。翻訳ものを読むときは注目のポイントかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/831-0acf8cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad