かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

信じてる

今日の英語版の話題はこちら。


「SAKI! ATTACK HER!!」





これは3話で、かずみがあいりにつかまったところの

「サキ 攻撃して!!」

です。


「SAKI」は当然サキさんとして、「ATTACK」が「攻撃」ですから、訳としてはそのまんまでしょう。



今回特筆したいのは「HER」つまり「彼女を」です。



「彼女を」

元の日本語の台詞では、これに相当する部分は明示されていませんね。


なんとなくですけど、全体的に、日本語の台詞と英語版の台詞とを比べてみたとき、「誰が~」とか「何を~」とかの単語が足されている傾向が強いです。

以前に出した話題で言うと、誰の照準かと明示されていた件とか、「私の服が」と明示されていた件とか。

分かりやすさのためなのか、英語的な感覚で座りが悪いとかなのか、そのあたりまでは分かりませんが、全体的に主語や目的語などが足されている箇所は多いです。



では何故ここで足したのは「HER」なのでしょうか。


この場面、状況としては、かずみがあいりに捕まって、かずみに攻撃を当ててしまうかもしれないと、躊躇うプレイアデス聖団に向けて、かずみが発しています。

「私にかまわず撃って」というような解釈もできるでしょう。


その解釈の場合「私と彼女まとめて撃って」という意味なわけで、つまり「ME AND HER」なわけです。まあ実際の英語でどう表現するかはさておき。


ですが、ここでは「HER」とだけ言っているのです。わざわざ元の文にない「HER」を足した上で、「ME」は足していないのです。


これは、周辺の「仲間よ信じて」「わたしは死なない」という台詞を考えると、「サキたちなら、自分に当てずにあいりにだけ攻撃を当ててくれると信じている」というところから、「HER」だけになっていると考えるべきでしょう。

3話のテーマ的に考えても、「かずみが仲間を信じるようになる話」なわけですし。「自分に当てない」という解釈が有力そうな気がします。


なんとなく読んでるとは「私にかまわず撃って」と解釈しそうなところを、「彼女だけを撃ってくれるって信じてる」と解釈して、こういう訳になっているのがなかなか興味深いところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/739-e1f23588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad