かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

暴走しそうでハラハラする

いやー、3日も更新しなかったなんて初めてだわー(ドヤッ


……いや、まあ普通に忙しかっただけです。


つーわけで(どういうわけだ)、今日はこないだちょっと言ったコレ。

そういうふうに考えながら読み返すと、1巻2巻あたりのかずみの行動は、いつ暴走するんじゃないかと、かなりヒヤヒヤしますね。



このへん、ちょいと掘り下げてみようと思います。




「魔女と戦うとマレフィカファルスが暴走するかも?」という観点から見ると、意味が変わりそうな場面ですな。


2話冒頭。海香カオルがかずみに駆け寄るシーン

初見の場合、「襲われたこと」を心配して駆け寄ったという解釈になると思います。

しかし魔女モドキと戦っている場面を目撃していると考えると、それが引き金になって暴走する心配というのがあったようにも思えます。

まあ、「魔女モドキ」はかなりイレギュラーな存在ですから、判断は難しいでしょうけど。

2話。魔女モドキ「志田京香」戦

魔女モドキと戦うかずみに駆け寄って共闘する海香とカオル。

上記と同じように考えると、かずみの戦闘機会を減らしたい、とも解釈できますけど、あんまりそんな雰囲気でもないような感じです。

後述しますが、使い魔は平気という確証があったようなので、魔女モドキは平気という判断があったのかもしれません。

3話「アレは使い魔の育ったヤツだ」

こりゃまあ言うまでもないでしょうけど。

魔女化の事実を知っているという視点でみると「かずみの手を汚させない」という解釈になるのでしょうけど、マレフィカファルスの暴走が明らかになった後で読み返すと、魔女と戦うことで暴走するのを恐れている、という解釈になるわけですね。

海香カオルは普通に一緒に戦ってましたし、里美が止めようとしていることからして、聖団全員が「魔女と戦うことが引き金で暴走する」という認識を持っていることが伺えます。

5話。魔女化シーン

まあ、これは完全に想像の域を出ない話ですが。

もし、マレフィカファルスの暴走の原因が、「ミチルが魔法少女が魔女化するという事実に絶望した」ことによるとすると、記憶を持たせなかったとしても、魔法少女が魔女化することを知ってしまうと、それが引き金になってしまいそうな感じもしてきます。

6話。VS Nie Blühen Herzen

ここでは実際に暴走しています。記憶が原因だとすると、ここの暴走の理由が割と謎です。

左側のおかげで暴走が収まったというのも、なかなか意味深ですな。

そして終盤の、かずみの代わりに止めを差そうとする聖団。ここはおそらく確実に「魔法少女から生まれた魔女を倒させない」ように、つまり「暴走を避ける」ためでしょうね。

直前で暴走を見てる以上、何としても避けたかったのでしょう。

そして、リーミティ後の、海香とサキさんの表情も、かなり想像を掻き立てられます。

15話。VS なきむしの鎧

ここでも実際に暴走してしまっていますね。

周辺で割と聖団メンバーが見てましたけど、どういう心境で見ていたのでしょうか。



これに限らず、ストーリーが進んだあとで読み返すと意味が変わる、ってなシーンが色々あって、かなり作り込まれてるよなあ、と感心しきりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/614-c449051e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad