かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

私的全キャラ図鑑: 御崎海香

続いて、ついに海香に注目です。




海香たん、海香たんかわいいお。prprしたいお、スリスリしたいお、クンカクンカ(ry。


プレイアデス聖団の魔法少女の一人である、御崎海香。

彼女は、体力面でこそ劣るものの、解析、記憶操作、技のコピーなど、非常に強力な魔法を得意とします。

後述しますが、彼女の魔法こそが、かずみ☆マギカの主軸を担う要素でありました。




当ブログ的に海香の思い出と言えば、アレですな。

19話海香ジェムの空気の読みっぷりです。 → ふと気付いた件(19話ネタバレあり)

いや、なんていうかね、コレね、コメント数とかツイートとかはてブとか調べると、どーも、ウチのブログの一番人気の記事っぽい感じ?


世の中エロい人多いですねえ。ええ、私がエロいだとか、決してそんなことはありません。無いったら無いんだからねっ、勘違いしな(ry。



さて、基本的に、かずみ☆マギカは、かずみ・海香・カオルの三人を中心に回っています。

とは言えしかし、この記事を書くにあたって調べてみたんですが、全話皆勤(とらのあな特典除く)なのは、カオルだけみたいっすね。海香は7話に丸々出番が無いっぽいです。誰のかわかりにくい腕があって、微妙に断言はしづらいんですが。

そういえば、7話は聖団が怪しい行動を見せたってこともあってか、写ってない海香が議論になってたような覚えがあるよーな。いや、すんごいウロ覚えなんですけど。

ちなみにかずみは11話に出番がありません。ずっとミチルのターンでしたもんね。




それはさておき、やはり、海香を語る上で欠かせないのはその魔法でしょう。

コル・マレフィクスといい、箱庭魔法といい、彼女の魔法が、重大な二つの仕掛けを動かしています。


平松センセのブログのこの記事には、ある少女の能力について「ヨミカキ」という説明がされています。

http://hirama1002.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

明確に誰、とは示されていないものの、海香が小説家、すなわち文章の読み書きを扱う能力に秀でていると考えると、海香のことを指しているのではないでしょうか。


「ヨミ」すなわち分析魔法が、マレフィカファルスを生み出し、ひいてはカンナのイーブルナッツを生み出しました。

「カキ」すなわち記憶操作魔法が、箱庭として、インキュベーターへの対抗策の要となっていました。


主人公であるかずみの重要さは言わずもがな、平松先生の言う「マギカ世界=キュゥべえの否定」という物語の主軸を担う仕掛けの中心人物でもあるわけです。



さらに言えば、サブタイトルでもある「イノセントマリス」。19話で海香は、自身の悪意に気付き、それを告白します。

サブタイトルを体現し、それを自覚した唯一の少女。


もろもろを含めて考えて、彼女はかずみ☆マギカのもう一人の主人公と言ってもいいのではないのでしょうか。




実際、海香には、かなり色々な設定やらエピソードやらがありますしねえ。

たとえば、小説家。ベストセラー作家で、豪邸を自力で建てたことから察するに、数十万部単位で売れてるはず。

たとえば、口調。時折ものすごい丁寧な口調になること。発動条件が気になります。

たとえば、技のコピー。「盗んで」と評されるその解析魔法。


今振り返ってみると、随所にさまざまな設定が仕込まれているようでして、ウチのブログでも色々なこと考察してきたものです。



そーいや、振り返ってみて思ったんですけど、以前ウチのブログでは「小説家という文字を扱う仕事だから記憶関連の魔法だ」という説を提唱してたんですねー。

これって、さっき挙げた「ヨミカキ」の話から考えると、結構惜しくね? いいとこついてるんじゃね?

……いや、全然違うって言われたら、否定はできないんですけど。



いやでもマジな話、2話の時点でフォワード読んでた時、海香の魔法って記憶がらみじゃね? って思ってたのですよ私。

例の「T・Pぼん」の話が頭にあって、かずみの記憶喪失と、海香の小説家にからむ願いがあって、あと、アニメの進行で魔法少女の仕様がだんだんと明らかになってきたこともあって。

……まあ本当に考えてたってことを証明することはできないんだけど。

このブログ開設したの9話の時だし。



とはいえしかし、散々怪しまれてはいたのに、かずみの記憶そのものには手を出してないみたいなんですよね。

3巻での回想の魔法は、記憶の上書きと言うよりは、単なる映像の送信っぽい感じですし。そういう魔法っつーか技を使うのは、マギカシリーズには結構いますし。

かずみの「記憶喪失」は、失ったわけではなく「書き込まなかった」ってわけですし。


かずみの記憶喪失に関係があるという前提での海香の記憶関連魔法の考察だったわけで、かなり予想外の結果でしたねえ。



そんなわけで、そこをどけ海香ジェムうううううう。あ、でも見えそうで見えないのもそれはそれで。
スポンサーサイト

コメント

結局そこに落ち着くのか…まあ、ジェムはおまけページで変身時に一瞬裸になるのを気にしていた海香の本体ですから…やっぱり無意識にでもそういうのは防いじゃうんでしょう

  • 2013/02/02(土) 22:20:25 |
  • URL |
  • イノヨコウ #-
  • [ 編集 ]

まさに舞台装置の魔法少女でしたね。

  • 2014/02/09(日) 20:44:58 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/574-423104e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad