かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

私的全キャラ図鑑: みらいのベア達

今回はこの人……じゃないね、でも動物でも無いし……まあともかく注目です。




ベアーーーーーッ!!


10話登場の、若葉みらいのトモダチ、ぬいぐるみのベア達でございます。

名称はみらい契約時に言っていた「テディベア」でいいのかな?


いや、「テディベア」って商品名なのか、クマのぬいぐるみ一般を指す用語なのか微妙にわからない……。

まあ、作中の文脈では「クマのぬいぐるみ一般」ですけどね。みらいの手作りですし。


そう。みらいの手作りのクマなわけですね。

作成した数はなんと666体。悪魔の数字なのは多分意図的なんじゃねーかとは思うけど、根拠は無い。

ともかく、それだけ大量に作っていたんですから、かなり凄いです。


そんなに作るのに一体どのくらいかかったのやら。一日一体としても2年近く……? いや、さすがにそんなペースじゃ作れないだろうしなあ。

ちなみに当ブログのこの記事の番号が566です。いや、非公開記事とか、fc2ブログの仕組み上番号がずれたりとかで、実際の数はもうちょっと少ないんですけど。

そう考えるとすげえです。……この例えだと、自分にしか凄さが伝わらないけど、気にしない。



それから、10話回想からするに、みらいがいじめられてた間の心の支えでもあったようで。

トモダチの代わりにペアを作り続けていたわけですから、ねえ。

……どれだけ、長期間いじめられてたんだっちゅー話よね。いや、さすがにいじめが始まる前からベア作りはしてたんじゃないかとは思うんですけど、数的に。


しかしそう考えると不憫な……。




さて、なんにしても、666体ってのはかなりの数なわけで、部屋にぎっちぎちに詰め込まれていたはず。

それを、博物館にして広々と飾っておきたいってのは、割と自然な発想でしょうね。でかい部屋は欲しいよねホント……。

実際、666体もいたら壮観でしょうねえ。実際、かなりでかい建物になってるようですし。ちょっと見てみたいかも。

博物館「アンジェリカベアーズ」が一般公開されてたかどうかは不明ですけどね。いや、色々秘密があるし、あんま一般人は近づけたく無さそうな気がしますからね。



そーいや、美幸ちゃんの記事書くときうっかり見逃してたんですけど、彼女も「同じことをしていた」とのこと。

「番号つけてた」のは確実でしょうけど、どこまで「同じ」だったんでしょうかね?

ベアかぬいぐるみかを作っていたのか、それとも育ててた植物につけていたのか。



つーか、よくよく考えると、みらいって手芸が得意なんですね。

ベアは当然ながら、かずみの名前つきマスコットが、みらいの手作りっぽい描写があります。

かずみへのプレゼントはベアでしたしね。あれは667体目? いやもっと後の番号かな?

しかし、「みらいは手芸が得意」。論理的にはおかしくない結論なんだけど、なんだろうこの違和感。



そんなこんなで、みらいの魔法「ラ・ベスティア」にはクマのぬいぐるみのようなやつが出てきます。おそらくはコルちゃんと同類でしょう。

魔法少女の魔法は、その契約した願いに関連したものになります。

おそらくは、そのトモダチのための願いから、ベアをかたどった魔法になっているのでしょう。

まあ、さすがに、ぬいぐるみ達本体ではないでしょう。動くだけならまだしも。合体したりしてますしね。一人で自作するにはかなりでかいのもいますし。

……そうでないとトモダチをぶった切ってることになるしゲフンゲフン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/566-f648b2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad