かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

The different storyとかずみ☆マギカの時系列

俺「さーて、今日はこのテーマについて記事を書くぞー」

俺「色々描写を調べたぞー。さー書くかー」

俺「おーっと、その前にRSSリーダーで巡回してるサイトの更新チェックでもするかー」

俺「今日も来てますなヒラマッチのブログ。どれどれ……」

http://hirama1002.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

> 平松はノータッチでありまして


俺「ワーオ」




いや、知ってたけどね。TDS上巻の時にも似たようなこと言ってたし。

しかし、話題にしようとしたタイミングでこれとは……偶然とは恐ろしい。

まあやるけどね。


ミチルだー



さて、ご存知の方も多いでしょうが、The different story 下巻には、マミさんの回想シーンの中にミチルが出てきています。

The different story 9話 和紗ミチル

服装、背景などの状況からして、11話回想のミチルが魔法少女になったきっかけのエピソードでしょう。


今日は、ここから、TDSとかずみ☆マギカの時系列について考察してみたいと思います。


The different story単体の時系列



まずは、TDS単体の情報を整理します。

注目したいのは以下の3つ。

「一年後」

The different story 1話 「一年後」

1話序盤に出てきたこの文字。何の一年後かと言うとあの姉妹の魔法少女と会ってから一年後なわけです。

つまりマミさんが、あの姉妹と出会った日のと、杏子と出会った日の間には、一年程度の間があるわけです。


The different story 4話 雪

これは、杏子が家族を失った直後の描写です。要するに「冬」なわけです

制服

The different story 9話 制服

これは下巻、9話の冒頭の回想シーンにあった制服ですね。家族が居る様子が伺えます。つまり、マミさんの契約は中学になってから、というわけですね。


で、ここから導き出されるのは、以下の順番です。

  1. マミさん中学入学

  2. マミさん契約

  3. マミさん、姉妹の魔法少女と出会う

  4. マミさん中学2年生に進級

  5. マミさん杏子と出会う

  6. マミさん杏子と別れる

  7. マミさん中学3年生に進級

  8. マミさんまどか達と出会う



重要なのが、マミさんと杏子の確執が起きたのが冬だということですね。

で、本編の時期は明示されていないですが、10月説があります。これが違っていたとしても、背景などの様子からするに、寒そうな季節ではなさそうです。

とすると、途中に3月4月を挟むわけで、進級イベントが発生するわけです。

さらにその前の「一年後」の間にも、進級は発生します。


つまり、2回進級している以上、マミさん契約は中学一年ということになります。


留年とか気にしない。本編開始が3月でマミさんが高校進学直前も頑張ってた可能性とか、もっと気にしない。



ミチル契約の時期をどこに挟むか



で、重要なのがこれですよねー。


TDS下巻の、回想シーンは、「ミチルとの出会い」→「姉妹の魔法少女」という順序で描かれています。


つまり、上記の2と3の間に起きているのだ!!

そして、平松センセのこの文からするに

http://hirama1002.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

自分が本編準拠と言う際の『本編』とはあくまでも
 『魔法少女まどか☆マギカ』のTVシリーズになります。
 (+BD/DVD特典のドラマCD
   メモリーズオブユーとフェアウェルストーリー)


魔法少女は中学生のみ(おりこ☆マギカが上記に入ってないので、ゆまっちは考慮せずに済む)という可能性が非常に高いです。


マミさんと出会った時点で、ミチルは中学生、そしてそのときマミさんは中学一年生。


つまり、ミチルは、マミさんと同じ学年、もしくはそれより上の学年なのだ!!

同い年もしくは年上に「お姉さん」と言わせるマミさんの貫禄、素敵です。



つーかそもそも……




まあ、ぶっちゃけ、仮定がアレですけどね上の結論。

  • 回想シーンの順番と、実際の出来事の順番が同じ

  • 『本編準拠』→「魔法少女は中学生のみ」

後者のほうは、ありそうな気はしますけど、断言するにはちょっと心許ないですよねえ……。

探してみると「かずみ☆マギカ」内で、中学生って明言してる箇所って案外無いんですよ。んだから、こうやって無理やり中学生ってことにして、エキセントリックな結論に持っていこうといえ何でもないですごめんなさい。


まあそもそも、前者の仮定が違っていたら成り立たないですし。

姉妹の魔法少女とのやりとりで落ち込んでいたところに、ミチルを助けることができてちょっと救われるってのがストーリー的に綺麗っぽい気もしますし。


とりあえず、「姉妹の魔法少女との出会い」→「ミチルとの出会い」の順番で起きたとして、マミさん中二でミチルと出会ったとすれば、ミチルとまどかは同い年の可能性が出てきて、それっぽい感じになります。

まあ、こっちのほうがなんとなく、ありそうな気がするような感じです。
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しんで読ませていただいています。
女性の第二次成長期は、早めな人は8歳前からはじまるそうです。
ですから(上記は極端な例にしても、)10歳くらいの魔法少女もいるかもしれません。
また、ストレスが多い環境だと早まるなんて説もありまして、ゆまちゃんをそう解釈すれば、なかなか興味深いのでは、と思います。

  • 2012/11/18(日) 22:45:51 |
  • URL |
  • こと #IY7bLZJE
  • [ 編集 ]

かずみが中学生以上かも、と言うのを見て思いました。
義務教育って中学まで、ですよね?
それならある意味彼女達が学校に行ってる描写がゼロなのが納得出来る・・・・
もしかすると、カオルとかが制服を着ているのはミチルがいた中学生時代を再現しているからっだったり・・・

嘘です。多分違います。
恐らく「魔法少女」の話がメインだからそう言う描写がないだけですよね・・・

  • 2012/11/19(月) 11:10:26 |
  • URL |
  • #rcbd46fg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/464-75649ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かずみ☆マギカの時間

最終話「イノセントマリス」読まれましたか? 物語の結末、衣装、解決した問題と未解決な問題など語りたいことは山ほどありますが、ここではマギカ世界のなかで、この物語をどこ

  • 2012/11/25(日) 00:58:38 |
  • SevenBySeven

FC2Ad