かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

祭りじゃ、祭りなのじゃ……!!

はいドーン!!

2016/03/29 最近買ったもの
2016/03/29 最近買ったもの あまりまわり3巻
2016/03/29 最近買ったもの Aチャンネル7巻

今月は多かったわ……。主に多々買いのため。大荷物になるので、買い揃えるのに2日かけました。

ちゅーわけで、最近買ったものー。リンクはAMAZON。



いつものテキトーな感想。




「コミックキューン」5月号

今月のキューンの注目は何と言っても、タチ氏による新連載「かなえるLoveSick」ですな。

もう、この百合百合っぷりは期待を裏切りませんなwww

それにしても、最近タチ氏は精力的っすな。「桜Trick」アニメから結構経ったけど、ミラク連載はまだまだ続いている上で、さらにきららフォワード連載が始まってつい先日単行本が出て、そして今月また新連載と。

きらら公式サイトにはこんな特設ページができてるし → http://www.dokidokivisual.com/tachi/

連載を増やしつつ、タイミングを色々合わせて畳み掛けているのが、気合い入ってますなあ。

つーかねー、個々の連載がさー、ごく当たり前のように百合なのは当然として、んでも、それぞれの作品に違った特徴があってさー。この新連載も、「桜Trick」「双角カンケイ」とはまた違った個性を発揮しそうな予感。

市場に期待を反映しているのか作者本人の嗜好適正によるものか、何にしてもしっかり軸は抑えつつ、その上で別個の個性・方向性を打ち出しているのが素晴らしいね。

「初恋症候群(シンドローム)」3巻
「まんがライフMOMO」5月号

こちらは、この間最終回を迎えた、まんがライフMOMO連載作品ですな。んで、単行本発売に当たって、今月のMOMOに特別読み切りが載ってるわけですよ。

さくら先生が基本ひっどい発言ばっかりなのとか、島袋さんの恋模様とか、すっごい好きでねえ。3巻表紙がその二人なのがええわあ。

最終回と描き下ろしの島袋さんの様子にはホッとしたわあ。

てか、今月MOMOでまさかのルートでビックリだよ。最終回前のアレとかアレとか完全にネタ発言だと思ってたわ。いや、今回の描写だと、冗談の範疇とも解釈できるけど。んでも、本気か冗談か半々ぐらいの感じとは思わなんだなあ。

「ビビッド・モンスターズ・クロニクル」2巻

2巻発売に合わせてだと思うけど、最近特設ページ → http://dokidokivisual.com/miracle/vv2fes/ が出来た、まんがタイムきららミラク連載作品の2巻ですな。

作中のゲームは別にガチャゲーじゃねーよなあ、とか思いつつポチポチポチポチ。ソース見てURL直打ちゲフンゲフン。アレだ、チートとか野暮だな、うん。

まあともかく、アニメ化作品以外できららWebに特設サイトが出来るぐらいですから、編集部がプッシュしていることが伺えます。


さて、2巻では、表紙があずきで、帯のキャッチコピーもあずきの事で、収録分にも友達絡みの葛藤が垣間見えてくる、あずき巻……ではなく、どう見てもキャロたんがすげえ目立ってるわwww

いやもう、雑誌掲載時は気づかなかったけど、こんなに出張ってたんだなキャロたんwwwいやもう、天然ツンデレがもう、何してもおかしいってなんだよもうwww

あとさあとさ、カラーページはあんまり描写されてない学校シーンだし。話と話の間の挿絵は、基本ボケっぱなしなのがジワジワ来るし。カバー裏もなんか、もう、何だ、その、何コレwww

描き下ろしに仕込まれたネタが楽しいわコレ。

「三者三葉」12巻

アニメもうすぐヒャッハー!!

帯とか、書店に貼られてるチラシとかに「濃すぎるキャラたちが〜〜」って書いてあるのが、分かってるねえ。やっぱ、荒井チェリー氏の作品は、キャラ付けの引き出しの多さこそが魅力だと思うのですよ。

ともかく、12巻ー。表紙はメイン3人。アニメ始まるし進級したしな。そりゃこの3人だわ。そして、裏表紙は薗部さんの、ドキドキ☆ビジュアルなイラストですよ。……ダメだ、薗部さんがすまし顔で裏表紙独占してるの見てるだけで、なんかジワジワ来るwwwずるいwww

ちゅーか、11巻と12巻の間が妙に開いてるなーと思ってたけど、ついこないだのまで収録されてたわ。6ページ連載だからこのペースなんだよ勘違いしてた。

まあ、それはさておき、12巻。やっぱ12巻の最大の出来事は進級だよなー。つか、収録分ラストのやつ。波乱しか感じない組み合わせはさすがだわwww

それはそうと、何か最近、発言時のテンションが高いような気がしてる。ちょっと既刊読んで確認したいなーとか思いつつ、アニメ始まるし、それまでちょっと読み返すのは控えたいジレンマ。読み比べて比較したくもあり、アニメ見るまでは程よく忘れたままでいたくもあり。うぬぬぬぬ。

「あまりまわり」3巻

黒田bb氏の電撃大王連載作品の最終3巻。

最終巻では主に、好意を自覚したアマリがハル君に積極的にアプローチかけていく場面を中心に進んでいくわけですが。可愛いんだけど、どこかズレたアプローチが微笑ましいですな。

とは言え、あの毛玉は爆笑したわwww毛玉モードでキメ顔になられてもwww可愛いけどさwww

あと「好き」連呼してるシーンはちょっと怖ゲフンゲフン


つーかねー、ハル君がねー、アマリ以外のメンバーとも少しづつ仲良くなっていく描写が結構好き。まだまだ見たかったと思わせる作品だったねえ。

「Aチャンネル」7巻
「まんがタイムきららキャラット」5月号

待望のAチャンネル7巻ーー!! そしてキャラット表紙&巻頭カラーーー!!

例によって多々買いですわwww共通特典のやつも欲しいんだよなー、どうしようかなあ。

単行本表紙は、各キャラがピンで一周したから、今度はペアで行く感じなんかな? キャラット表紙は明るい色使いがステキですな。

て言うか待て待て、単行本表紙めくったら例のクリーチャーたちってなんやねんwww……あれ? るんちゃんもしかしてパーカーの下に何も着てない?


7巻はアレだな。こう、これまでに無かった組み合わせってのが多い気がするなあ。ミポリンユー子とか、ケイ子トオルとか、ナギ炭酸とか。幼少期三人とかナギ家族ってのもそうかも。

特にケイ子トオルの関係性は好きですわ。新しい組み合わせで、今まで気づいていなかった共通点なり、そのキャラの新しい面なりが出てくるのがいいよねえ。


今月のキャラットの話もいいねえ。みんなでおでかけ、ってのはよくあると言えばよくある話ではあるんだけど、普段とは見せ方が違ってて新鮮だったわあ。こういうふうに目的を示すタイミングを後ろに持っていくのは確か無かったよねえ。まあ普段と違う演出にビックリして「まさかクライマックス!?」とちょっとドキドキしたのはナイショ。

あとさあとさ、いつもの4人がメインで話が進んでいくんだけど、家族に少しスポットが当たる感じもいいよな。ホラ、出てないキャラにスポット当たる感じが目新しい……ってよく考えたらケイ子とナギ父出てたわ。まあ、うん、まあ、アレだ。メイン4人の話に見えて今回のテーマはそれぞれの家族だったのかなーって思わせる感じがイイんだよ。つか改めて考えてみると、トオルの家庭の描写は若干少ない……と言うよりは他のキャラの家族が濃いんだなwww特にナギのところwwwトオル母は常識人だもんなあ。


それはそうと、描き下ろしでは例によって胸の話が出てくるのがもうwwwってか、これって先月のシリウスの読み切りのことかなあ? 言われてみれば確かに。つーかアレ大雑把に言うと先輩を脱がす話だったよなあ(偏った見方)wwwある意味ブレてなくてステキwww


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/1234-77de3030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad