かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

何を分析するつもりだったのだろうか

英語版の話題ー。


「I HAD HOPED THAT I'D BE ALLOWED MORE TIME TO SPEAK TO JUUBEY. OR DISSECT HIM」





こちらは21話回想のキュゥべえの台詞、


「できればジュゥべえともう少し分析をしてみたかったよ」


ですね。では細かく見て行きましょう。

まず主語は「I」で、「HAD」と来てます。その次が動詞の「HOPED」なので過去分詞の「HAD」ですねー。んで、「HOPE 〜」は「〜を望む」です。

望みの内容はなにかというと、関係詞「THAT」以降。中身の主語は「I'D」は多分「I WOULD」かな? で「BE ALLOWED」受動態。「ALLOW」は「許す」なので、受け身にすると「許される」ですな。「WOULD」とついているので「私は〜を許されたい」となりますな。日本語だとちょい回りくどい表現な気はするけど、多分「私は〜したかった」ぐらいの意味じゃないっすかね?

んで、何を許されたかったかというと、「MORE TIME」は「もっと多くの時間」、その後に「TO 動詞」がくっついているので、「もっと沢山の〜する時間」、んで「SPEAK」→「話す」ですな。「TO JUUBEY」なので「ジュゥべえと」

そして「OR」でそれと並列にくっついてますな。「DISSECT」はまあ辞書を引きましょう。→goo辞書weblio英和辞典英辞郎。「解剖する」「詳しく調べる」ですな。まあどっちにしても調べるって意味です。流石に元の文から考えて解剖ではないでしょうけど。


というわけで直訳すると、「ボクは、ジュゥべえと話し詳しく分析する時間が、もっと許されていればと望んだよ」ですね。


ちゅーわけで、ここのポイントは元の文の「話」「分析」というルビがどういうふうに訳されているかですねー。

今までにもいくつか、ルビが振られている文がどう訳されているかを紹介しましたね。両方並んでいたり片方省略されていたりしましたが、今回は、両方続けて並べられています。「話す」と「分析する」が両方入っていますね。

あと、元の文はなんとなく感傷的にも聞こえる台詞ですが、英語でも「BE ALLOWED」とか「HOPE」とか入ってますし、強く望んてたような感じに訳されているっぽいですかね?

なんとなく、今回は、元の文の要素は余すところ無く入れようとしているように感じられます。まあ感じるだけで根拠は無いけど。

他のところでは、省略されたり表現が変わってたりするところはいくつもありますしね。むしろ、ルビという日本語特有の表現技法を使ってるこの場所で、元の意味に忠実に訳そうとしているのは、どういう理由なのか、逆に気になってきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/1089-f147f699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad