かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

こんな

英語版の話題ー。


「WE DID'NT GIVE YOU LIFE...」「...SO THAT YOU WOULD SUFFER LIKE YOU'RE SUFFERING NOW...」





こちらは、20話の海香の台詞、


「あなたにこんな思いをさせるために」「誕生させたわけじゃなかった…」


ですね。

では細かく見て行きましょう。

まず、前半。まあ正直簡単ですね。「GIVE ○○ ××」で「○○を××に与える」なので、「私達はあなたに命を与えなかった」でしょう。

んで問題は次、「SO THAT 〜」は「〜のために」といういみの副詞節を作ります。節の中の主語は二人称「YOU」、んで「WOULD」は多分仮定とかに使うやつ。「SUFFER」は「苦しむ」「経験する」、「LIKE」はここでは前置詞「〜のような」、前置詞の中身はまた関係詞節のようで主語が来てますね。動詞がついさっき出てきたばかりの「SUFFERING」の現在進行形ですね。


というわけで直訳すると、「あなたが今苦しんでいるようなことを、経験させるのなら、私達はあなたに命を与えなかった」……かなあ?


とりあえず、まず、ここのポイントは、日本語では「こんな思い」と遠まわしに表現していることを、英語では「苦しんでいる」と明確っぽい表現にしていますね。

まあでも「SUFFER」を辞書で引いてみるといろんな意味が出てくるので、それほど直接的な意味でもないのかもしんないけど、やっぱりそこまでのニュアンスは汲み取れないっす。


ただ、ここまで言っといてなんだけど、この訳には自信がない。いや、「こんな思い」→「SUFFER」の変化はいいんですけど、「SO THAT 〜」の訳し方がこれでいいのか割と自信ない。ぶっちゃけ日本語の文と文脈からそれっぽい訳にしたけど、文法的にあんまり根拠を提示できないっす。

こういう仮定文の条件節みたいな使い方するんかなあ? んでも、こうしないと意味が通らないし……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/1066-61d48753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad