かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々

魔法少女かずみ☆マギカが好きすぎて作っちゃった、俺の考察(笑)やら感想やらを垂れ流すブログ。ネタバレしてる話題もあるので気をつけてください。かずみ以外のことも話題にするかも。

魔法少女とは一体……

英語版の話題ー。


「YOU'RE TELLING ME THAT'S WHAT A MAGICAL GIRL IS!? WHAT A JOKE!!」





こちらは21話回想のカオルの台詞、


「何が魔法少女だ ふざけんな!!」


ですね。

細かく見ていきましょう。

まずは主語が「YOU」ここではキュゥべえですね。んで「ARE TELLING」現在進行形で「〜と言っている」。

「THAT」は内容を示す関係代名詞っぽいけど、文法的にパーツが足らないので、多分「それ」代名詞っぽい。んで「'S」は「IS」の省略かな。んで「それ」は「WHAT A MAGICAL GIRL IS」である、と。いうわけです。「WHAT A MAGICAL GIRL IS」は単純な疑問文「魔法少女とはなんなのか」という意味です。

そして「WHAT A JOKE」。「WHAT A 〜」で「なんて〜だ」という強調する文ですな。「JOKE」はカタカナにすると「ジョーク」で、「冗談」「ふざける」という意味になります。


直訳すると「アンタはこれが魔法少女だと言うのか!? 何て冗談だ!!」ですかね。


この箇所は何といいますか、意味が何となく違っていますね。

「何が〜だ!!」と、「アレが〜だというのか!!」では、まあ大分意味が違っています。

2文目の方は「JOKE」を「ふざける」と訳すと元の文に近くなりますけど、「なんて〜だ!」と組み合わさらなかったのでこんな感じにしています。まあ、「ふざけんな」だと誰かに憤りをぶつけてる感じですが、「なんて〜だ!」だと自分の中で爆発させてるだけで誰かにぶつけてる感はあんまりないですかね。

ただ、洋画の吹き替えとかだと、こんな感じの台詞ってありますよね。直訳文書いててにじみ出る翻訳っぽさ。多分、英語的には自然な表現なんですよ。

意味は違っていても、怒ってる感は変わっていませんし、おそらく正確な意味合いよりも、感情の方を優先させるために英語的に自然な表現に変えたのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matunnkazumi.blog.fc2.com/tb.php/1025-dafb5cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad